蛇腹カメラ修理

蛇腹 修理 YCS

カメラ修理YCS修理実績>蛇腹 修理

蛇腹 カメラ 修理

蛇腹修理 蛇腹式カメラのよくある故障原因は経年劣化により ピンホールと呼ばれる針で突いたような小さな穴が開いたり、 カメラを使用する為に蛇腹部分の開閉する頻度が多くなると 蛇腹の角の部分が損傷してしまい、そこから光が入ってしまうので 撮影に支障をきたすというものがほとんどです。
蛇腹 修理 レンズ付近すぐ右下にある小さくて黒い布が見えますか? 昔は こういう風に裏ブタを開けた中から ピンホールの補修をしておりました。

これだと小さい穴がたくさん開いてしまうと 内側から見た感じも不細工ですし、なかなか修復も難しいですね。 今現在は、黒いゴム製の接着剤のようなものを使って 蛇腹の外側からも補修を行なっております。
蛇腹カメラ 修理 こういった蛇腹の部分は乾燥しすぎると 前述してますように角の部分が劣化しやすくなるので 靴や鞄などに塗るクリームなんかを 時々馴染ませておくのも良いかもしれません。

(この件に関しましては一度隅の方でテストをするなど 自己責任において確認頂きますよう宜しくお願い致します)
蛇腹式カメラ修理 ピンホールといった小さい穴だけではなく 5cm位までの切り込みの様な破損でも修復の努力を致します。

また、もちろん蛇腹自体の補修以外に 絞り羽根の粘りや、シャッターの作動不良、 距離計の調整など一般的な故障の修理も承ります。

カメラ修理サービス YCS