フィルムカメラ 修理・クラシックカメラ 修理 YCS

カメラ修理サービス YCS

カメラ修理 サービス YCSの歴史

吉見氏は中学卒業後すぐに、親類が経営するカメラ店にて修行をし、 20代半ばで独立、大阪市城東区に『ヨシミカメラサービス』という 小さなカメラ店を構えました。

ヨシミカメラサービス

30歳目前、諸事情により一時期店舗を構えず事業を行いますが 、昭和58年、大阪府寝屋川市に小さな店舗を構えます。

しかし、昭和61年にレンズ付きフィルム(使い捨てカメラ)が発売されてから 一般のコンパクトカメラさえ使用するお客様が減少し 更にパソコンが普及するにつれ、デジタルカメラやカメラ付き携帯も登場。 クラシックカメラを含む、フィルムを使用するカメラの利用が激減しました。

この間、カメラメーカーへの引き抜きのお話や デジタルカメラの修理講習会などのお誘いもあったようですが、 独立する以前よりお世話になっているカメラ店様へ 修理を依頼してくださるお客様を大切にしたい気持ちと、 何よりクラシックカメラの修理にこだわり続けたプライドもあり、 毎年修理依頼が減少しながらも “皆様のおかげでここまでやってこられた”と吉見氏は仰います。

今現在は、2年程前より店舗を閉鎖し、同じ寝屋川市ですが 、緑が多く空気の綺麗な地域でお仕事されております。

カメラ修理サービス YCS